​交通事故 解決事例

交渉だけで休業損害・慰謝料増額に成功した事案

相談者の方は,自動車に子供2人を乗せ,信号待ちをしているところに,後ろから追突されたという事故です。

相談者は全く悪くないのに,自分の保険会社は相手に支払うものがないので動いてくれないし,自分も怪我をし,子供も病院に連れて行きながら,自分で相手の保険会社と話し合いをすることが本当に大変だったとのことです。その後,なんとか完治し,いざ賠償金の話になると,一方的に賠償額が記載された紙が届き、賠償金が適正か全くわからず,弁護士特約を利用できたため,法律相談を経て代理人となりました。

弁護士が窓口になることで,本件事故に関する話は,弁護士を通すことになり,直接相手方とやりとりすることがなくなったこで,相当楽になったとおっしゃられていましたし、
賠償金については,主婦の方でしたので,休業損害の評価についてこちらの家事・育児の制限の内容を詳細に指摘し当初の補償額を大きく上回る賠償額で合意することができました。


慰謝料についても相手方保険会の提示社裁判所の基準から減額する要素がないことを強調し,ほぼ裁判を起こしたときと同じ基準の慰謝料を得ることができました。

​他の事案については現在準備中です。

​はなみずき法律事務所

〒491‐0858

 愛知県一宮市栄四丁目1番13号 シュケル栄203号室

ー愛知県一宮市の法律事務所ー

一宮市、稲沢市、犬山市、江南市、岩倉市、大口町、扶桑町、その他

​(ご予約・お問合せ)

​メールでの相談予約

© 2019 Hanamizuki Law Office,All Rights Reserved.